ビャクシン(Juniper) 東ヨーローパに自生し、旧約聖書に出てくるこの木のエバグリーン色した樹皮は古代の人々の 力の源泉と信じられていました。薬用の他香料としても利用されます。常緑樹で高さ6~7メートルに達し、その球果を入れた蒸留 酒がジンです。ビャクシンは精油を含んでおり、これが薬学上の有効成分であると一般的に考えられています。さらに、フラボノイ ド、ステロール、カテキン、プロアントシアニン、脂肪酸などの栄養素を豊かに含んでおり、これらの多くが集まって抗酸化作用な の生物学的効果をもたらしています。

種 別ネズミサシ属(ヒノキ科)
利用部位乾燥した熟果実
効能利尿、駆風、胃腸の抗腐敗、胃腸の過敏症、子宮の活性
伝統的用途腎臓及び胆嚢の感染症、腹部の疝痛、鼓腸、消化不良